ホーム > 初心者の方はこちら > 攻略しよう!

乗ってみよう!

ブレーキング、アクセルワークの基本

ヘアピンコーナーの走り方

基本的なヘアピンコーナーのブレーキングアクセルワークを紹介したいと思います。
まずはブレーキングです。
実はカートの操作で一番奥が深くて難しい!?
ブレーキは、ただただ強く踏めば良いわけではありません。ブレーキングには走行スピードをコーナーリング出来る適切なスピードまで落とす目的と、フロント荷重を作り出しカートが旋回しやすい状態にする目的があります。
難しいのはフロント荷重を作り出す方ですね!
ただブレーキを踏むのではなく、ステアリングを切って旋回したいところでちょっと強く踏めるように練習しましょう!
写真の赤いラインはブレーキとその強さを波で表わしています。コーナーの奥に行くに従ってブレーキの力が強くなっていく感じですね。
次にアクセルワークです。
アクセルの踏み始めはじわっとゆっくりを心がけましょう!
青い線はアクセルワークです。ブレーキからの踏みかえる所(点線区間)はまだカートが曲がりたいところなので急にアクセルを全開にしてしまうと十分に曲がり切れずコーナーを立ちあがってしまいます。
これでは素早い立ち上がりにならないので、一気に全開にしてしまう様なアクセルワークにはせず、ゆっくりと旋回をさせながらアクセルを開けるようにしましょう!

走り方アドバイス

サーキット秋ヶ瀬を攻略せよ!

都内からのアクセスも良好で、賑わいを見せる人気コースのサーキット秋ヶ瀬!
また、全国のサーキットより上位ランカーが集い毎年1回開かれるローカルレースの祭典『SL全国大会』この舞台でも秋ヶ瀬代表ドライバーが毎年上位争いを繰り広げるというハイレベルなレースも開催しています。
ガレージCのホームコースでもあるこのサーキットの攻略法をこっそり紹介しちゃいます!

1コーナー

1コーナーはアクセル全開のままアプローチ!
初めから全開でのアプローチは難しいの手前でブレーキをかけ、減速しながらコーナーリングしましょう。
徐々に全開でアプローチできるように練習しましょう。

2コーナー

2コーナーのラインはあまり外に膨らまないように!
無理にアクセルオンするよりもイン側のラインをトレースするように走行しましょう。
スライド走行はタイムアップには繋がりません。

ヘアピン・3コーナー

グリップする舗装を利用してコーナーリングスピードを稼ぐ!
3コーナーの内側の舗装は特にグリップします。それを活かせば意外と速いスピードでのコーナーリングが出来ます。ただし、きちんとしたアウト・イン・アウトのラインを守ること。

スプーン・4コーナー

コースの形状に惑わされずに、早めのアプローチ!
アクセルオンはぐっと我慢してカートの向きが出口を向いてから!
4コーナーの進入のラインは奥まで行かず、手前からアプローチするラインをとりましょう。
早過ぎるアクセルオンは立ち上がりでラインが膨らんでしまいカートが横方向に走ってしまいます。出口を向いてからのアクセルオンでしっかり立ち上がりましょう。

最終コーナー

しっかり曲がって、立ち上がり重視のコーナーリング!
フルブレーキングからのフロント荷重を利用して、素早い旋回をしましょう。
ストレート区間に続くコーナーなので立ち上がり重視のコーナーリングで直線スピードを稼ぎましょう。

このページのトップへ

初心者の方はこちら
Copyright © 2011 Garage-C All Rights Reserved.